Archive for 4月, 2015

4月 20 2015

住宅ローンの支払いが滞っているならば任意売却を検討しましょう

Published by under 法律一般

給与が下がってしまったり、出費が思ったよりも増えてしまったり…様々な理由で、住宅ローンの支払いができなくなることもあるでしょう。 住宅ローンは、持家を購入するときに利用する人が多いと思います。20年や30年など、長い年月をかけて返済していくものですが、中には上記の理由で支払いを滞ってしまう人もいます。 住宅ローンの支払いが滞ると、どうなるかご存じですか? 1・2か月程度ならばまだ解決策がありますが、4~6カ月以上の長期滞納の場合。住宅ローン保証会社や債権回収会社に債権が移行する時期となります。債権が移行してしまうと、住宅ローンの支払いをすることができなくなります。そうなると、物件は差し押さえや競売にかけられることとなります。 差押え・競売になってしまうと、大変なことになります。物件は市場よりも安い価格で売られる可能性が高くなります。物件が売れたとしても、住宅ローンの残りの支払いをまかなえる金額になる可能性は低くなります。残金の支払いを抱えて家もなくなる…大きな負担となります。 こうなる前に、早めに任意売却を検討しましょう。任意売却ならば、競売よりもリスクを減らすことができますよ。任意売却サポートに早めに相談することをおすすめします。任意売却サポートならば、現在の状況に最適な解決方法を提案してくれます。住宅ローンの支払いで悩んでいる場合にもご相談ください。無料相談は上のリンクからどうぞ。

No responses yet